新着情報

部品の「ぶっ」!

★脱いだら同じ?

project_extra_12.png

ダウンロードはこちら[ PDF:565KB]

 

 お久しぶりです!生きていますよ。こんにちは。

 

 久々すぎて、覚えていますか? ちょうさ(布団太鼓)の部位をシュールに紹介する部品の「ぶっ」!のコーナー。

 

 今回は、布団の骨格である「木枠」について。

 近年では、布団枠が一体化され、しかも軽量化のため中は空洞になっているので、布団とは名ばかりのハリボテ状態であるのが実情です。

 けれども、日和佐のちょうさの「布団」は昔ながらの組立式で、その一段一段に「布団」たらしめる布を巻いているわけです。

 

kiwaku_h29514_2.jpg

 

 素材は、さまざま。洗濯がしやすいように化学繊維の町もあれば、羅紗(らしゃ)を使った町までも。

 これらは、「日和佐のちょうさ」という、各町が違った色の布団である多様性と独自性を表していると思います。

 けれども、組立前は、みんな白。なんや、みんな一緒やーん(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

 

kiwaku_h29514_2.jpg

 

 と、思っていたら、中村町だけ茶色いやーん!? なぜなら、痛まないように柿渋を塗っているのだと。見えないところにも気を配る中村町、やるな!

 というお話しなのでありました。

 

kiwaku_h29514_3.jpg

柿渋を塗った中村町の木枠。
内側には大昔の台帳の紙が再利用されている。

≫ 続きを読む

2017/05/14 部品の「ぶっ」!   admin

★揺れるは正義

project_extra_8.png

ダウンロードはこちら[ PDF:732KB]

 

 お久しぶりです。

 

 ちょうさ(布団太鼓)の部位をシュールに紹介する部品の「ぶっ」!のコーナー。

 

 今回は、「房(ふさ)」について。ちょうさには、布団やトンボの先に付いていますね。

 房とは、お祭りや屋台だけではなく、日常生活の中で目にすることの多いモノでありますが、いかんせん、その役割や意味をご存じの方は少ないことと思います。

 

okugawa_20141102_09.jpg

 

 上記のマンガにも記しておりますが、房とはその形状がほうきに似ていることから、「掃く」→「払う」に転じ、悪いものを払う効果があるとされています。

 ですから、神聖な物、高価な物、おもてなしにも使われる座布団や布団にも「房」というものは必要不可欠な部品となっております。 

 

 しかし、効率化の時代、スーパーやニ○リなどで売られているソレには房が省かれて、悪いものを払う効果がなくなってきているように思います。
 この一見、無駄とも思えるようなパーツをあえて取り付けることを日本の企業は忘れてほしくないものであります。

 

 払い振るうということは、神道の感覚では魂に活力を与えることと考えられていて、鎮魂と同じ扱いになります。
 なにせ、生きている人間の魂はものすごーく不安定で、何かの拍子にふっと抜けて死んでしまうことがあるので、外から揺すって魂を鎮めてやる、という意味合いが、そのような解釈によって生活の中に無意識に受け継がれているわけです。

 

 人を見送るとき、手を振ったりするのも、神道でいう立派な魂振りなわけでして、とにかく、揺れるということは、人を元気にする動作なのであります。

 

 あらたがおっぱいをプルルンルン♪するのだって、悪いものを払い人々に活力を与えるためであり、け、決してエロが目的ではないのであります(^=^;

≫ 続きを読む

2015/08/24 部品の「ぶっ」!   admin

★隠し額(西新町)

project_extra_5.png

ダウンロードはこちら[ PDF:1.03M ]

 

 突然はじめました、部品の「ぶっ」!

 週刊アスキーの「パーツのぱ」みたいだ!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、目をつぶってください(汗)

 

 このコーナーは、ちょうさ(布団太鼓)の部位をシュールに紹介するものです。

 今回は、「隠し額」というパーツ。上のマンガにもあるように、布団締めと布団台との間を隠すための部品です。

 大阪系の太鼓には標準搭載ですが、以外の地域では珍しいようです。そして、名称もそれほど知られていないようなので一回目のテーマにしました。

 

 隠し額は、さまざまなバリエーションがあって、各町装飾の腕の見せどころかもしれません\(^o^)/

 

 日和佐の隠し額はというと、雲の上に「月」と「太陽」という形が多いように思います。

 地元の人は、「月」と「三日月」と言っていましたが、神道の感覚での「月」の対比では「太陽」であるように思います。

 

 これを書いている人は、まったくの素人で当てずっぽうなのですが、太陽と月というのは、アマテラスとツクヨミのことだと思っていて、雲の上にあるというのは、神棚の理屈のように、これより上には何もない、もしくは、尊いアマテラスやツクヨミしかいないと言った感じで捉えていますが・・・、本当のところは知りません(;´Д`)

 ご存じの方いらっしゃいましたら、教えてくださいm(__)m

 

 西新町は、八幡神社の紋である「左三つ巴」。まさに、勝負ニップレスですね(爆

 というわけで、隠し額でした。

隠し額なしVerはこちら[ PDF:1.02M ]

 クイズ(中級):ちょうさの布団台に天井(フタ)がある町の頭文字を古い町順で並べると?(※ローマ字で入力)
 ヒント:欄間や障子など、いろいろあるよ。

2014/11/09 部品の「ぶっ」!   admin