新着情報

志和岐は伊座利と似ている

 日和佐のちょうさが志和岐へ行ったという件で、志和岐のかき太鼓の唄の資料を入手しました。

 

 →かき太鼓の唄(志和岐吉野神社)

 

 ざっと目を通してみますと、けっこう新しい感じの歌詞でしたφ(..)

 但し書きに、即興で歌うこともあると書いてあるので、たぶん「さーしましょう♪」以外の部分はそれほど意味はないのかもしれません。

 大阪によくある、「べーらべーら」の唄が浄瑠璃くずしで適当なのと同じなのかな?

 

 さておき気になるのは、歌い出しの前の

 

まかせ・・・まかせ・・・

ちょおせ・・・どんでんどん

 

 という部分が、伊座利の太鼓唄に似ていませんかね。

 

伊座利のたいこ(太鼓台)。その?:南新桜より

 

 ちょっと調べれば同じ美波町だからわかりそうなものなのですが、それができない理由として、

 

  1. 祭りの日が同じ
  2. 動画や写真がアップされない

 

 ということが、最大の原因であると思います。1はしょうがないとしても、ネットで調べて写真とか動画一つ出てこないのは、後世に残すという意味では残念であると思いますm(__)m

 

 そんなこんなで見えてくるものは、日和佐からの二次的伝播で始まったであろう志和岐の祭りは、お隣の伊座利をベースに日和佐が乗っかっているイメージ。

 志和岐の太鼓は、大正末期から昭和初期頃に日和佐からやってきましたが、大正初期の伊座利の雰囲気でやっているので、挟み撃ちの二次的伝播なのかなぁと勝手に想像しているわけです。

 

 ゆえに、日和佐からやってきたのに色キチだったりするのは、伊座利の影響でしょうか?

 伊座利の太鼓は、色キチだったのがいつしか源氏をイメージしてになり、しばしの休止後、『海部の民俗芸能フェスティバル(2012年11月25日)』への出場がきっかけで色キチ(5色)に戻ったとか。

 にもそのことが扱われていて、赤と白の水引と幕の関係ではないというのが、おもしろいところだと思います。

 

 結論としては、まだまだ歴史が浅いので、本気になればいくらでも情報がポロッと出てきそうな気がして、役場の支部の方とか、情報提供を呼びかけてもらえないかな〜?と思ったり(汗

2014/02/28 情報求む   admin