新着情報

谷屋調査報告会に行ってきた

 8月6日、日和佐公民館で開催された「谷屋調査報告会」に行ってきました。

 

taniya_20160806_1.jpg

 

taniya_20160806_2.jpg

 

 これを書いている人は、ちょっと辛口なので正直な感想を書きますと、どれもネットで引ける内容ばかりで、谷家の構造など新鮮味はどこにもなかった。

 また、所有していた絵や器などを検品して、お高いものばかり持っているので「金持ちだったのですね!」という結論から、どこに地域を活性化する手がかりがあるのか、想像力が乏しいので今ひとつピンとはこなかった・・・。

 

 日和佐の歴史などを調べるにあたっては、おそらく日和佐ではなく、日和佐人のルーツである木頭や相生を調べる必要があると思うし、八幡神社の訳の分からない複雑な「那賀川流域式組物」にしろ、西河内からなぜ引っ越したかということも念頭に取り込んだ方が、研究としては面白いのではないかと∠( ゚д゚)/

 そういえば、谷家も相生出身らしいですな。

 

 確かに、ずっとそこに住んでいる人たちには、価値は見出しにくいから外部の視点は必要であるとは思いますけれど、外部の人達には総じて、自分を育てた景色というものがないですから、けっこう的はずれなところもあるわけで、まあこんなものだろうと思う3時間でありました。

 

 ちゃんちゃん!

 

taniya_20160806_3.jpg

 

 ひとつ気になった項目。

 ちょうさの今昔のところで、旗の変遷について書かれているのですが、この表記は違和感があるなぁー。

 

 なにせ、旗は日清日露大東亜と戦時中から掲げられたものであるし、敗戦後はGHQに「日章旗はアカン!」と言われて、独自のデザインや家紋を掲げるようになったといいます。

 そして、掲げた当時からデザインを変えていない町は、「戎濱」と「奥河」なので、戎町との比較対象としては、ふさわしくないと思うですが、、、おそらく、戎町と戎濱を混同されているのかも。

2016/08/07 情報求む   admin