新着情報

マンガ公開しました(第15回)

 マンガ公開しました〜。

 

 東に関船!? いま何処? 次回も新キャラ登場か!?

 

sample_19.jpg

 

 前々から、ずっと描きたかった、昔懐かし日和佐のお祭りに関するお話し。

 みんな、覚えているかな〜? 

 

 今回は、東町の関船(せきぶね)が登場。

 資料があまりないので、年寄りから聞いた話を参考に、まあこんな感じのキャラであろうと誕生しました(汗)

 

sekibune_higashi.jpg
写真:日和佐八幡神社

 

 ざっと見るかぎり、仮装化粧をした子供を乗せ、宝船のような出で立ち。

 周囲の大人たちも陽気で、暴れ狂っていたちょうさとは対照的な町廻りであるかのよう。ちょうさには、カミ様は乗ったりしませんから、化粧をした子供を船に乗せることによって<よりまし>的な役割と、祭りに本格参加できない子供の「子供神輿」的な役割があったのかも。

 

 しかし、さすが漁師町系ということで、狭い日和佐の路地をガタガタと曳いていたという話から察するところ、この町には、担ぐか曳くかの差異しかなかったようですΣ(・∀・;)

 

 ただ、屋台に乗せる子供とは、どうあるべきか? という原型は、少なからず見えましょう。

 子供に化粧をさせるということは、非日常空間にいるカミ様の代理人ということで、日常生活に「お祭り騒ぎ」を持ち込まないための一種のケジメだし、カミ様や氏子を楽しませる俳優(わざおぎ)の役目も担っていると思います。

 ちょうさがお入りのさい、順番待ちで太鼓に合わせて氏子が踊ったり騒いだりするのだって、知らず知らずのうちに俳優(わざおぎ)をしているわけです。

 

 一方で、ちょうさに乗り込む子供は、飴屋というよりは願人(がんじ)に近い役割で、投げ頭巾を被るのが一般的。

 願人(がんじ)とは、祈祷する人、カミ様と交信する人といったところでしょうか。

 この頭巾、日和佐では烏帽子(えぼし)と認識され、子供の正装だと思われており、「長崎くんち」の頭巾も日和佐の漁船団の影響である、という説が流布しております。

 

 ただ、調べていくと、どうしても起源は大阪にあり、日和佐のちょうさは、天神祭の運行と似ていることがわかります。

 スタイルは若干違いますけれど、投げ頭巾を被った願人(がんじ)がカミとの交信の動力源となり、采頭(ざいがしら)を筆頭に采方(ざいかた)たちが舁ぎ方(かつぎかた)に進行方向を指示します。

 

 日和佐はもっぱら、引退した宿老と呼ばれる年寄りがちょうさの前を歩いているのみ。これが悪いわけではありませんが、代わりに、拍子木が願人=打子に支持し、その音によって担ぎ手が動き、結果的に宿老が交通整理のようなことをする、すると人を気にせず拍子木は打子に・・・と、こういうループの出来上がりです。

 

 拍子木の良し悪しは、上手いかどうかではなく、「よく聞こえるかどうかである」とベテランの方に聞いたことがあります。確かに若い拍子木は、居ても立ってもいられず、怒鳴ったり担棒に触りにいったりと、ちょうさがふらふらと安定しなかったりしますが、上手い人は黙々と叩いている。

 昔の日和佐の秋祭りには、ちょうさのかき比べなるものがあったそうで、おそらく、どれだけキレイに長時間お練りしていられるかというのも、町の威厳に深く関わっていたのだと思います。

 

 ずいぶん脱線しましたけれど、今はなき関船から見えてくる、昔のスタイルと思想というものは、もう少し調べてみたいところでもあります。

 東町関係者の方で、関船に詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報いただけると、幸いですm(__)m

 

 それでは、次回へつづく!

2016/07/25 リリース   admin